さくらがたいへん

私が働かせていただいてる職場は、携帯の持込が禁止されてます。
仕事に着く前に、携帯用のロッカーへ入れることがルールになってます。
なので、めちゃめちゃ急用なときは仕方なく職場の電話にお母ちゃんはかけてきます。

「さくらがな調子悪いねん。」って忙しい時間帯に電話かけてきた。
「ばあちゃんがな、グレープフルーツの皮むいてて、それが落ちて、あっという間に食べたみたいやねん、それから調子悪いみたいねん」と。
「抱っこもいやがってなぁ。」と母は話をどんどん続ける。

早く病院に連れて行きなって言って電話切ったんやけど、
私は気になって仕事が手につきませんわ。
それから、さっさと仕事済ませて、家に帰ってぐったりのさくらとご対面。

また誤飲で調子わるいん?おなかいたいん?
このときはぐったりしてるさくらだったけど、まだ歩けてました。

病院に連れて行って、注射を打たれ帰ってきたさくら。
病院の先生には「ヘルニアとか気をつけてくださいね」と母は言われたみたい。
でも、私たち家族はグレープフルーツのせいで体調が悪いと決めてました。
だけど、先生はすごく心配してくださってて、携帯の番号を教えてくださいました。
きっと、電話が鳴ると思ってらしたそうです。

さくらの誤飲歴
 てんぷら油をごくごくと飲み、夜中に救急病院にいったことがありました。
 あの時も、私はさくらが死んじゃうんじゃないかとないたもんです。

[PR]

by sakura-1106 | 2010-09-14 22:01 | sakura